病院看護師の激務の改善に向かう傾向

病院看護師として働くと激務に追われることになるのは古くからよく知られてきました。それでもなお働き手がいるのは、女性にとっては看護師になると職場を獲得しやすく、給料も良い職場が多いという魅力があるからです。
しかし、実際に働き始めてみると仕事がつらいと感じてしまう人も多く、離職率が高い職業としても知られています。そのような状況が続いてきた影響もあり、全国的に看護師の人材が不足する状況が生まれています。離職率を低下させるとともに、潜在看護師をできる限り職場に呼び戻さなければならない状況が生まれているのが現状です。その影響を受けて、激務と呼ばれていた状況にも改善が見られるようになってきました。新卒の待遇については以前とそれほど大きな違いはないものの、中途採用については劇的な変化が表れてきています。激務の理由とされがちな夜勤、残業、土日勤務について条件が緩和された形での中途採用が行われているのが現状であり、それなら働けると考えて現場に戻る潜在看護師も増えてきました。
改善点として最もよく注目されるのは日勤のみの待遇であり、夜勤がないことから家庭生活と両立しやすい点が主婦にとって大きなメリットとなっています。特に主婦層の現場復帰を目指した待遇の改善が行われているのが現状の改革の特徴であり、現場での人材の必要性から生じている傾向であることは明らかでしょう。離職率を下げるための取り組みも開始されているため、より待遇は向上していくと期待されています。